お子さんの怪我まず何をすれば? | 戸田市の整体 「埼玉リオ接骨院」

埼玉リオ整骨院

  • 〒335-0023 埼玉県戸田市本町1-16-13
  • 交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!
  • 営業時間
  • 電話番号
アクセスマップ

お子さんの怪我まず何をすれば?

2021/02/06 | カテゴリー:お知らせ, トピックス

お子さんが学校や運動中に怪我をして帰って来てまずやることって何?

①「POLICE

-1保護

-2冷却

-3圧迫

-4挙上

②治療院でやること

【昔はRICE、そして今はPOLICEへ】

昔からよく言われるRICE処置

Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)これらの頭文字をとってRICE処置と言われてきました。

しかし近年スポーツ業界では「POLICE処置」が主流に。

Protection(保護):傷めてしまった部分を動かさないように保護し、悪化を防ぐ。

Optimal Loading(最適な負荷):早期に最適な負荷をかけることで最適なケガの修復を促すことが目的。適切な動作や負荷は専門家の意見を聞いてから行うことを推奨します。

Ice(冷却)炎症物質を溜まりにくくし、痛みを和らげる。

Compression(圧迫)患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的。

Elevation(挙上):血液などが溜まらないようにし浮腫の軽減を図ることが目的。

治療院に行くまでにお家で出来る処置は、「保護」「冷却」「圧迫」「挙上」の4

-1「保護」

傷めてしまったところに負担がかからないように固定をします。

お家で固定するものがなければ手で支えたり、痛くない姿勢を取ることもオススメです。

-2「冷却」

ビニール袋や氷嚢に氷だけを入れ空気を抜き傷めている部分にピンポイントで冷やします。(時間の目安は1520分)

Q.湿布でも冷却に入るの?

A.湿布では冷却効果は期待できません。

湿布を貼った瞬間はヒヤッとしますが、そのあとは熱を帯びてしまい冷却効果は認められません。

できれば氷やなければ保冷剤を使うことをオススメします。(保冷剤は濡れたタオルに包んでから使いましょう)

-3「圧迫」

お家に包帯やタオルがあれば冷却をする時に氷の入った袋や氷嚢を押さえるために巻いてあげましょう。

注意:包帯やテーピングできつく圧迫してしまうと腫れが強くなってきた時に血行障害を起こすことことがあります。

圧迫は、無理にせずに冷却と挙上を優先させてください。

-4「挙上」

傷めた部分は出来れば心臓よりも高い位置に持っていき血液や体の中の水を傷めた部分に溜めないようにしましょう。

血液や体の中の水は重力により上から下に移動するので必要以上に腫れを出さないようにしましょう。

「最適な負荷」・・・ケガの度合いによって必要となる動きや負荷が異なるため治療院を受診の際に専門のスタッフからの指示の元行ってください。

②今回ご紹介したケガした時の処置は、あくまでも治療院に行くまでの応急処置です。

治療院では怪我に合わせた処置や固定をします。

ケガをしてしまった際は早い段階で治療院の受診をオススメします。

ケガをしてから4872時間の間が腫れの管理でとても重要な期間となります。その後の治り具合などにも影響します。

そして、骨折や脱臼などが疑われる場合は病院にてレントゲンを撮っていただくこともございますので埼玉リオ接骨院までご相談ください。

お知らせ一覧へ戻る

アクセス情報

交通事故メニュー

症状別に見る

一覧を見る

料金・アクセス

しんきゅうマッサージ リオ

アクセスマップ

住所
埼玉県戸田市本町1-16-13
戸田公園駅から徒歩2分
営業時間
午前 10:00~13:00
午後 16:00~21:00
※定休日:火・木・祝
電話番号
048-441-1189

トピックス

一覧を見る

トピックスカテゴリ

Copyright © 埼玉リオ接骨院, All rights reserved.